部屋の雰囲気が変わるインテリアグッズというと、カーテンです。

部屋の雰囲気が変わる収納・インテリアグッズ
部屋の雰囲気が変わる収納・インテリアグッズ

部屋の雰囲気が変わるインテリアグッズというと、カーテン・・・

■ 38歳 女性
部屋の雰囲気が変わるインテリアグッズというと、カーテンです。
部屋の壁に占める窓の割合というのは比較的大きいものなので、そこをカバーするカーテンの模様やデザインなどで、大きく部屋の雰囲気が変わりますね。
リラックスしたい時には暖色系のオレンジやイエローがあると、ほんわかした温かい雰囲気の部屋になるし、青や水色などの色にすると、部屋が落ち着いて穏やかな気持ちになれるそうです。
我が家のリビングは暖色系のカーテンを使っていて、寝室はブルー系の落ち着くカーテンと使い分けています。
それだけでなく、夏や冬など季節に合わせて模様も替えると、気持ちがリフレッシュして楽しく室内で過ごすことができますよ。
他にも観葉植物などを置くだけでかなり雰囲気が和やかになるので、お勧めです。
我が家では2.5メートルほどの幸福の樹をメインに配置しています。さらに、季節の切花などを飾ることで、華やかさも取り入れることができてお勧めですよ。

時には部屋の模様替えをすることで

■ 38歳 男性
時には部屋の模様替えをすることで、気分をリフレッシュすることも考えてみるのもいいものです。

夏場ということで、強い日差しがまどから入り込まないように、私はすだれを利用しています。すだれは実用的な面ももちろんありますが、夏の季節感の演出する和のツールにもなります。すだれにあわせて風鈴もぶら下げると、いっそう季節感が増します。せっかく和のテイストがより強くなってきたのですから、収納箱などの小物類も籠製にするなど、ちょっとした工夫で涼しげなものになります。
部屋の模様替えというと、とても大がかりなように思うかもしれません。
しかしほんのごくわずか、そして少ない予算を投入するだけでもかなり雰囲気を変えることができます。もちろんごちゃごちゃしている部屋ならば、思い切って捨てることによってすっきりとさせることが基本になります。
その部屋にいて快適で気持ちのいい、そしてやる気の出るような部屋にしたいものです。

Copyright (C)2014部屋の雰囲気が変わる収納・インテリアグッズ.All rights reserved.